読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS – 二日目のライブビューイングに行ったよ。

THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ~ORIGIN@L STARS – 

Mマスセカライ二日目のLVに行ったレポ。

※感想めっちゃ偏ってる。語彙力がなさすぎる。思ったまま覚えてるとこだけ書く。多分記憶違いもある。長いくせにたいしたこと言ってないので飛ばし飛ばし読んでね。

 

超軽いノリで一日目のライブビューイングに行ったら、現世に魂が帰ってこられなくなった。このままだと数か月後のDVD発売(多分する)まで魂が抜けたまま過ごすという危機的状況に陥ってしまったのである。

一日目の深夜、駆り立てられるように二日目のライビュのチケットを探し、次の日部活を早退するという大罪を犯して、単騎ライブビューイングに乗り込んだ。

初・一人でイベント参加。前から三列目の一番端の席でちなみに右隣は男性だった。

 

ライビュ限定映像

みんなわちゃわちゃしてた。

最初が不意打ち梅原のアップで死にかけた。

Wが諸々話した後、山谷「じゃあおんぶして」菊池「えっ……軽っ!(ぐるぐる)」山谷「怖いから回んないで~」というやり取りが最高だった。

 

その後会場の映像みながら、一人だしやばい声は出さないだろ、一日目は発狂したけど今日は若干冷静に見られるかなとか思ってた。OPの最初も最初の映像バックにドラスタのシルエットが浮かんだ瞬間、「おああああああ……」と勝手に声が出た。声って出そうと思って出すもんじゃないね、出ちゃうんだよね。

 

  1. Beyond The Dream(全員)

ぶわっとステージが明るくなって、出演者全員の姿が映し出される。

Beyond The Dream、グループで順番に歌ってって、同時にグループごとの衣装お披露目になる。

つまり出演者全員が一気にビジュアルで殴ってくる。

とりあえずBeitの王子様新衣装がグレードアップしてて、「うっわ………」という声にならない声を零すしかなかった。マントとか肩とかひらひらしてた。ホリエルとうめめとたかぴはガチの王子になってしまったんだなあと謎に納得した。

そして古川慎が帝王感溢れ出てて、私の知ってる古川慎じゃなくて最高に動揺した。私の中の古川慎は気のいい兄ちゃんで、テクニックはすごくて今年は本当にお世話になったけども、けど本人は真面目でちょっと抜けた感じの男なのに、今映っている長めの前髪からちらちら目を覗かせて不敵に微笑んでいるこの、この色気の溢れ出る男は一体??と最高に混乱した。

 

キャスト挨拶を挟んで最初の曲。八代拓「今日のフライトも……激しくして、いいですか?」ギャーーーーーー

 

2.スマイルエンゲージ(Beit)

……っこのイントロは……!ざわつく会場。

ちょ、ま、まだ、一曲目処理しきれてないです、待ってくださ「すまいるえんげ~じ 見つめ合って~」あああああ!!

初っ端スマイルエンゲージで殴ってくる。余りにも惨い所業である。

ホリエルの声澄み切りすぎ。澄みわたるホリエル。ため息が零れるライビュ会場。

「Feeing…… magic…… 描いてみよう」

う、うめ、うめ。100万回言われてるけど、顔の造詣が美しすぎる。ここで息ができなくなる。

「笑顔~手渡したら」たかぴ……茶髪になって王子様感マシマシだね、手足がスラ~~~としてダンスが映える。ここで絶命。

ここから先の記憶はあまりありませんが、城が建ってみんなお姫様になった。

願いを込めて花を咲かせようのとこのたかぴはファスライみたいに相変わらず良い顔してた。ホリエル映る度に「ほう……」「かわいい……」が零れる会場。梅原は曲間でドス効いた煽りをしてくれた。

 

3.Café Parade!(Café Parade)

ほんと待って……しんどい……既に自力で立つのがしんどくなっている。

カフェパレはミュージカル集団だった。衣装がかわいい。みんなくるくるくるくる動き回ってる。

古川慎、喉からCD音源以上で本当に震えた。なんかもうすごい。歌唱力でボッコボコに殴られる。最初のアスラン「メ↑インディッシュにしようか♪」で崩れ落ちた。圧倒的声量と伸びやかさとビブラート、超腹から声出てる。泣いた。

 

4.うぇるかむ はぴきらパーク(もふもふえん)

もっふ!もっふ!もっふ!

ぴょんぴょん!!めえめえ!!がおがお!!!

コールの一体感やばい。

完全にもふもふえんだった。可愛いが爆発してた。なんか良く分かんないけど何かが刺激されて涙が出てきた。三人とも一切ぶれないキャラ声で歌いきってた。矢野君とか地声低いのにどっからその声出してんの……。

だるまさんがころんだであゆむらせがキノコをモフモフしてたのがキュートだった。

曲終わった後ライビュ会場「かわいい……」「かわい……」

 

  1. VICTORY BELIEVER(W)

ああああ………………

走って踊って元気に動き回る双子を見てあうあう言うしかなかった。

きくてぃーは本当に楽しそうに会場を走り回るね。エネルギッシュ。

山谷くんほっそくて折れそうだったけど元気でよかった。

今度はレッドカード二人揃って出せたね。

けどしまえなくて地面に叩きつけてた気がする。キュート。

 

  1. DRAMATIC NONFICTION(DRAMATIC STARS)

今日はドラノンの八代拓が一番やばかったかもしれない。

きゅるきゅるのましゅまろボイスに備えたるは流し目とニュアンスのある表情と小指ピーン、アップのたびにプロデューサーを絶対に殺すという確固たる意志が見えた。アサシンのそれだった。

こいつ、自分の活かし方分かってやがると思いながらもオタクの本能には抗えない。

なんでそんなエロい顔するの!??訴訟。

ドラノンが過去最高に熱かった気がする。完璧に決めてくる仲村しゅごんとドスの効いた内田雄馬とあざとい八代拓

鏡の前の慣れない格好、でジャケットの襟掴んでぴらぴらするしゅごんを二日連続で見たがやっぱりエロ……内田雄馬の小首傾げもエロ……

ドラスタがエロく見えるのはムーンナイトのせいですか。

 

  1. 強く尊き獣たち(THE 虎牙道)

うお~~~~~虎牙道~~~~~!!!!!!虎牙道、王道にかっこいい。

寺島惇太と小松くんで戦闘して、濱野さんがどーーーーんて止めるフリが可愛い。

みんなで、連続で回し蹴りするフリがかっこよすぎた。

小松くんが際立って目を惹かれた。

動体視力が追いつかなかったレベルでキレッキレで動いてて、歌も動きも牙崎漣でしかなかったよ。天才!て感じ。牙崎漣みたいな生意気可愛いキャラドストライクだからやばいよ。小松くんとまとめて推すしかない。

 

  1. ∞ Possibilities(S.E.M)

やっぱSEM最高。レーザー構えて帰ってきて、三回も超えて~~~くれました。

レーザー構えて真剣な目線する三人がそれぞれアップで抜かれる度「ヒョエ……」というか細い声が会場から上がってた。

この曲で伊東健人が眼鏡かけてるのを初めて気づいて気が触れて鳥みたいな声挙げた。

伊東健人、ガチで硲先生にしか見えない。あざといファンサとか過剰な演出しないんだけど、硲先生が歌って踊ってるんだよなあ。

レーザー構えてる時が特にやばくて、三回目くらいで「か、勘弁して」と許しを乞うてしまった。ありえん安定している綺麗な歌声も流石です。一切ブレのないところもまた硲先生。最高。

 

ここでMCが入ってソロメドレーが始まる。アサシンが背後に迫ってくる。殺される……、八代拓に……殺される……!

 

  1. 約束はドリーミングフライト(翼ソロ)

はわ~~~~世界一可愛いよ~~~~!!!!!!脳が溶ける声で本当に脳が溶けた。

エロさを一切感じさせない清廉潔白笑顔満開のかわいい元パイロットだった。てゅばさ~♡

さっきのエロさどこ行ったんだろうか、八代拓はエロの出し入れが自在にできるらしい。出し入れってそういう意味じゃないよ。

ぶーーんて飛行機ダンスする柏木翼の溢れる笑顔眩しい……眩しいです……目が焼ける。

バックダンサーピエールと巻緒は八代拓の指名ですか?

 

  1. フェイバリットに踊らせて(咲ちゃんソロ)

事案。

咲ちゃんin小林大紀に二人の男が迫るという小芝居風。二人の男がまた榎木淳弥伊東健人という憎すぎるコンビ。先生たち何やってるんですか。

しゃがみ込んでいやらしい目で「良いですなあ」みたいな顔して咲ちゃんを眺めるとっと、花束を手に跪くも振られるとっと、肩を抱くえのき、ビンタされるえのき、二人をかわしながらキュートに歌い上げる咲ちゃん小悪魔。

最後、榎木淳弥壁ドン、すり抜ける小林大紀、そこに伊東健人顎クイ。

流石に悲鳴上げた。絵面の破壊力がもう半端なかった。身長差!!!!えげつねえ。

榎木淳弥伊東健人、今までちゃらけてたのに突然真剣な顔で壁ドンと顎クイするからずるい。横顔が男前すぎて辛かった。小林大紀のヒロイン力と確固たる自分を持ってる強さが咲ちゃんだった。

 

  1. Piece Montee(東雲さんソロ)

歌い始め入りが早くて自分でわらっちゃったのが可愛かった。

Wがバックダンサーで可愛いが渋滞してた。

天ちゃん伸びやかで染み渡るようなお声だね。可愛いけど可愛いだけじゃないかっこよさがいいね。

最後の東雲&Wの三人でお菓子食べるもぐもぐ動作がこの世のエデンって感じだった。

 

  1. わが混沌のサバト・マリアージュアスランソロ)

古川慎~~~~~!!!!!!有難う!!!!

爆裂的!圧倒的破壊力!存在感!歌唱力!表現力!!世界観の作り込み!!言葉で表現できない魅力!!!!ああ~~すごい!!!高笑い最高!!!

バックダンサーを召喚して操るアスラン、ステージの支配者だったよ。

色気と無敵感まき散らしてるのに、マント退けて肩にのったサタンを見せる満面のくしゃっとした笑顔は宝物を披露する子供のような無垢さでそのギャップが罪。

バックダンサーが最初フード付きのマントみたいなの被ってたから顔見えなくて、誰……誰……た、だがぴ゛!!!!? あ゛あ゛!!たかぴと矢野君だった。たかぴ完全に闇落ち王子やないか!えっち!!二人ともすごいキレキレで操り人形みたいなダンス踊ってて痺れた。

 

  1. GOLD~No,79~(次郎ソロ)

お肌がきれいなヨシキちゃん、フサフサに埋もれてた。スタンドマイクで平野ノラなみにバブリーだった。歌声は艶っ艶でしたね。末恐ろしい男だよ。

ヨシキ出てくると歓声がすごかった、愛されてるねヨシキ。

バックダンサー、狩野翔でーーーすと濱野さん。腰の動きがひたすらに18禁。こなれ感を感じる。

 

  1. Flying Hawk(恭二ソロ)

梅原、最初歌詞飛んでちょっと動揺した素の表情してて、人間味あった。けど一瞬で持ち直して完璧な顔と安定した声で歌い上げるのが流石である。

梅原の美しさを堪能できる幸せ時間。Viの暴力。

バックダンサーはじゅんたと小松くん。全体的に硬派な雰囲気。梅原ほんと歌上手くなったよなあ……。

 

MCコーナー。小松くん「言わせてもらっていいですか……なんで俺様がバックダンサーなんだよお!!!!」ウッ、牙崎漣……!!!

「やらせてもらってるだけありがたいと思え」突然小芝居を始める虎牙道。「あーーん?!」「やんのかコラ」睨み合って鼻がくっつくレベルで顔を近づけて喧嘩コントするタケルと漣。ダチョウ倶楽部かな?と思いながらも、奇声を上げてしまう悲しき腐女子の性。

腰の動きを再現する自重しない濱野さん。

 

  1. カレイド TOURHYTHM(Jupiter、W)

松岡くん!松岡くん!!久しぶり松岡くん!元気だった?髪色明るくなったね。

Jupiterの他の二人のパートも全部松岡くんが担って頑張ってた。

ぎこちなさの残る客への煽りが可愛いよ。

Wと翔太で声が高くて、ライトも黄色と緑ではっぴはっぴはっぴーな感じだった。

松岡くん歌ったの全員曲とこれだけだったけど、良い松岡くんが見られた。

 

  1. エウレカダイアリー(Beit、S.E.M)

水色ベースの共通衣装でどーんと六人出てきて、最初出てきたときジャニーズかなと思った。V6かな。六人だから。

共通衣装は各自ちょっとずつギミックが違うんだけど、一人だけ半袖のヨシキで笑ってしまった。

サッカーワールドカップテーマソングみたいな曲調もまたジャニーズ感を助長させている。さわやかな風が吹いていた。口の横に手を当てて左右に動く振りがあってかわいいんだけど、その動きがみんな俊敏すぎて残像見えそうだった。

 

  1. もっふ・いんざぼっくす♪(もふもふえん)

背景に大きい箱を携えてもふもふえんが出てくる。

でかいライブ初参戦のもふもふえん、子役のはずが既に貫禄と安定感がやばい。

特に矢野くんの安定感が恐ろしいほど。流石豊永利行の後輩である。

コールが楽しい。

狭間の寸劇の完成度とキャストのなりきりもすごい。ウワキツ感を感じさせない演技力。

最後の「あんびりーばぼー☆」の高音に普通に感心した。

「やべっ、先生来るぞーーー!!!」

 

  1. Study Equal Magic!(S.E.M)

チャイムが鳴り響き、志狼「こんなちっちぇ箱じゃビッグな俺は収まりきらないぜ」の箱から、ピンクのライトに照らされながら出てくる教師三人。

歓声がやばい。よっ、待ってました!

不思議な舞を披露するSEM。好き。中盤の小芝居みたいなのがファスライからちょっと変わってた。タケノコダンスは相変わらず楽しい。

榎木の「り!ぴーと!あふたーみー!」から始まるコーレスはファスライより余裕そうで楽しそうだった。

「うぃーあーせむごー!!!」楽しい。

ヨシキの艶ラップお上手。伊東健人は全体を通して完璧。

あーー数学の授業中ずっと硲先生を眺めたせいで補習に引っかかる生徒Aになりたい。

 

  1. A La Carte FREEDOM♪(Café Parade)

冒頭の巻緒とアスランの同時通訳芸が冴え渡ってた。

ディズニーミュージカル始まったって感じ。東雲・咲のやり取り時のバックダンサーのフリーダム感。

「リーダー神谷!」の狩野さんバァアアン!!!に笑ってしまった。

「そっちは南~~~~~!!!」数千人に同時に突っ込まれる神谷。

「本音を言うこと大切でしょう 自分の足で歩いていく そうただ真っ直ぐに」の東雲さん好きすぎてめっちゃ聞いてたから、ライブで聞けて嬉しかった。

わちゃわちゃ曲だと思いきや歌詞が深くて良いんだよな~アラカルトフリーダム。

カフェパレはメンバーの関係性が最高だよね。

 

  1. Plesure Forever…(W)

一人ずつトロッコで登場。

「監督、俺たちのボール受け取ってよ!」トロッコからボール投げてくれる。めっちゃ遠投してた。

山谷くん、一番サビ終わり盛大に歌詞が飛ぶ。

「……~~、なんだっけ」

山谷くんにつられてかきくてぃも歌が止まって一瞬静寂になるが、すぐきくてぃが歌いだして持ち直す。ハラハラするわあ……

こういうハプニング系本当に胃が痛くなるから、ウッてなりながら見てたんだけど、その後は二人とも笑顔で楽しそうに歌ってくれてちょっと安心した。

 

  1. Fun!Fun!Festa!(Beit)

浮かれろテンション♪

間に挟まる台詞が可愛いお祭り曲。振付が超かわいいけど形容する術がないのでDVD見ましょう。カエールが増えた。

えんじょいわーきん!私もがんばってバイトしよって思った。

みのり「お祭りってことは、衣装はふんどしとか?」恭二「それはちょっと……」何故かコマネチする梅原。

曲間梅原「幕゛張゛~~~~~~~~~~~~~!!」

 

MC。山谷「梅原さんの“まくはり~~~~”凄かったですね」

松岡くんの絶妙な空気感が遺憾なく発揮されるMCコーナーだった。

 

  1. サヨナラ Summer Holiday(S.E.M)

振るよ~腰振っちゃうよ~♪ゆっくりめに振るよ~♪

Mマスの振付さんは、腰振りが受けると味を占めたのだろうか。即物的なオタクなので大好きです、すみません。

大人の雰囲気むんむんな中で真剣に歌うお三方はとても素敵。

歌い始めの榎木淳弥で、榎木はイケメンなんだなとしみじみした。

哀愁を背負ってアンニュイに柵にもたれ掛かるヨシキに会場が沸いてた。

 

  1. MOONNIGHTのせいにして(DRAMATIC STARS)

先生が失恋したのはドラスタのせい、みたいな曲順。

たそ眼鏡かけてきた。ライビュ会場「うそおおおお」たそ眼鏡投げた。会場「あばばばば」

分かってた、分かってたけど、三人とも色気半端じゃなかった。

特にたそ、途中から完全に入り込んで常に歌は語尾が喘ぎ声に聞こえるし、表情はイっちゃって蕩けてるし、もうなんか御馳走様。

宗悟はいつも笑顔なのに、ムンナイだとあんま笑わなくて挑発的な表情してるの堪らない。八代拓は相変わらず全身全霊で殺しにかかってきた。「ギリギリ限界♪」がいろんな意味でギリギリ限界。でろでろの蜂蜜みたいな声。好きです。

「おいで」前に静まり返る会場、嵐の前の静寂。

そして名言。

仲村宗悟「幕張を、抱かせてくれ!」会場「きゃああああああ」

混乱状態の阿鼻叫喚だけど私も多分叫んでた。声帯が震える感覚はした。だ、抱いて~~~!!!!!

なにもかもMOONNIGHTのせい。どうやっても抗えないであろう罪な曲。

 

  1. 情熱…FIGHTER(THE 虎牙道)

情熱のクラップタイム。尋常じゃない小松くんの動き。最強大天才。

いつになくキリィッとしている寺島惇太。濱野パパの湯切り。

「お前だけはぶっ倒す」でタケルの胸倉掴む漣ちゃん。「まあまあ落ち着け~」道流さんが間から生える。

虎牙道本当に動きも歌も小芝居も洗練されていてかっこいい。ユニットとしてのパフォーマンス力が高くて素晴らしい。

 

  1. 想いはエタニティ(Beit)

そういえばまだやってなかった。ファスライよりも安定感が上がってる。

ホリエルの声がマジで透き通りすぎて色々なものが浄化される。タイムカード放り投げた。

ポーズ決めるたかぴがジャニーズジュニアだった。ほっそ!

梅原のウインク大放出あざとすぎるんですけど!

 

  1. LEADING YOUR DREAM(W)

照明のラインが沢山で綺麗だった。

さっきを引きずっているのか若干ふわふわしている山谷くん、ひい、頑張れ頑張れ。

最後の台詞、「俺のナイスな……」と悠介の方を言いかける山谷くん。

難しい問題だけども、人間だもの、ミスもするしそりゃ引きずりますよね。やばいって思ってるのも、でも頑張ろうって思ってるのも伝わってきたけど、いろいろ儘ならなかった感じ。

山谷くんTwitterで猛反省してたけど、その場ではきくてぃと一緒に笑顔で楽しいオーラ振りまいてた。

Wとしてのステージはまだ数えるほどで、その中の一回の失敗で見捨てるのはシビアな完璧主義の監督でしょう。まあプロとして舞台に上がってるんだから、毎回完璧にやって当たり前って人も居るかもしれないけどね。

私は、今後のステージで、今回の失敗をバネにしてめちゃくちゃにステージを盛り上げるWが見られたらそれでよいと思うよ。

山谷くんもきくてぃもタフそうだから大丈夫でしょう。

菊池くんが落ち着いて舞台を引っ張ってたのが、普段は天真爛漫だけどなんだかんだ兄である悠介を体現しているようだった。

 

  1. STARLIGHT CELEBRATE!(DRAMATIC STARS)

スタセレに始まりスタセレに終わる。

スタセレは不朽の名曲ですね。

星を描くフリで、画面のエフェクトで星のラインが出てじんわり来た。

ラスサビ前、たそと八代のソロパートを見守るしゅごんの横顔が良い顔しすぎてたよ。

これからアニメ化でMマスの看板として色々背負うものがあると思いますと八代も最後のあいさつで言ってたけど、ほんとに頑張ってね。

これからのMマスとドラスタに期待を膨らませています。

 

  1. DRIVE A LIVE(全員)

全員でドアラ。虎牙道がみんなで拳法の構えしてくれてファてなった。正直あんまり記憶がない。脳のキャパシティーの限界。

 

アンコール、疲れ果てて、「ア……ル、アンコ……ル……」しか声が出ない。

最初に一日目と同じPVが流れて、MiniとMステの発表。

社長「まだまだ終わりじゃないだろう……?」

ガミPが出てきてアニメ化発表。地球に生まれてよかった。

 

Tシャツに着替えてキャスト挨拶。

覚えてるとこだけ。

梅「今回は本当に、たかPと、瞬の、二人に助けられました」

たかPて呼ばれて号泣して崩れ落ちるたかぴ。

梅「まじか(半笑い)」

たかぴ「うぐ、ぐぐ……おれほんと……うう……(泣)」

ホリエル「大丈夫?(ガチトーン)」

たかぴ「マジでごめん……(泣)」

たかぴを受けて、泣き真似してレッドカードで涙拭く山谷。

きくてぃ「くまやんが昨日滞空時間ナンバーワン目指すって言ったけど、僕は高さで一番を目指します!負けねーぞくまやん!」可愛い。

天ちゃん「みんなが好きだーーーー!!!!!」

まこにゃん「みなさんと家族になったと思います」

小松くん「僕も滞空時間……」めっちゃ可愛い。

榎木「僕ファスライで泣き真似したんですけど、今Wがやってるの見てたら、酷いことなんだなって分かりました」山谷「それ言うー?貸すよー?(レッドカード)」

ぐう畜榎木淳弥。最後に結局泣き真似して締める榎木淳弥。ヨシキに隠されとっとに頭はたかれる。

伊東「何を泣くことがある、顔を上げなさい」硲先生い゛い゛!!!!

松岡くん「(翔太の声で)また次のステージで会おうね、チャオ!」あああああチャオオオ

総突っ込み受ける松岡くん、「翔太が言ったの!」

 

  1. Beyond The Dream

わちゃわちゃ。

ここで、Wがファスライで失敗した背中合わせで一緒に立ち上がる振りを披露!成功!熱い!!

松岡くんとゆうまたそが一緒にいて笑いあってて、ああん……ってなった。

最後みんなで真ん中に座るのになかなか集まらないBeitが可愛い。

舞台から捌けるときしゅごんからBeit、W、SEMと投げキッスの連鎖がオーバーキルだった。

 

315でした。ありがとうございました。

今度は絶対現場に参戦してやるぞという決意を胸に締めます。おわり。

 

おまけ 今回の私的推しメン総括

小松くんと伊東健人古川慎が最高なので推します。八代拓には抗えません。

ユニット的にはFRAME、神速一魂、虎牙道が最高でした。